即日審査のキャッシング攻略の3ポイント

ネット申し込み〜審査完了の短い業者を選ぶ

業者によって審査完了までに掛かる時間に違いがあります。大手の中で最も最短は30分です。すぐに借りたい方は「審査完了まで最短30分」の業者を選びましょう。

 

希望借入れ額は「限度額50万円」まで

限度額50万円以下であれば、収入証明書などの提出が不要なので、実質「運転免許証(身分証明書)」だけで即日でお金を借りることが出来ます。

 

うっかりミスに注意!

ネット申し込み時に記入する個人情報の記入ミスをする人が非常に多いので注意しましょう。誤字脱字・メールアドレスなど、うっかりミスで時間をロスしないように気をつけて下さい。

 

アコムが即日審査のキャッシングで選ばれる理由

アコムが人気の理由を解説

審査は最短30分!

アコムは審査完了まで最短30分と、業界トップの短時間で審査をしてくれます。

 

振込対応する金融機関が多い!

審査スピードだけでなく、アコムは提携している金融機関が多いのが特徴です。
三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行であれば、初回の振込時に関しては平日19時まで対応。
楽天銀行であれば、24時間365日振込みが反映されます。

 

無人契約機も多い!

振込ではなく、無人契約機からカードを受け取って借入れもアコムならスムーズです。
業界でトップクラスの無人機(むじんくん)の台数を保有しているので、主要都市部であればスグにキャッシングすることができます。

 

30日間は利息がゼロ円

アコムで初めてお金を借りる人であれば、誰でも最大30日間の無利息サービスがあります。
数万円程度の借入であれば、この無利息期間中に返済してしまいましょう。借りた金額だけ返済すればいいので、返済も楽ですね。

初めてのキャッシング〜審査に落ちないように確認しておこう

お札のイメージ

初めて借り入れするときは、過去に携帯電話やクレジットカードの支払いなどで遅延がなかったか確認しておく必要があります。

 

キャッシングの審査基準は過去の信用情報を元に調べられるので、そうした支払いの遅延があった場合に審査が通りにくくなるといったことがあります。

 

特に最近注意しておきたいのは、スマートフォンを分割購入した場合です。うっかり支払いが滞納してしまうと、信用情報に記録が残ってしまいます。(通常は2〜3ヶ月程度の遅延とされています)

 

この分割購入もローンの一種なので、信用情報に関わる支払いとなります。

 

もし携帯電話の支払いの遅延が2ヶ月以上あった場合には、審査基準の緩い消費者金融を探すと良いです。全ての消費者金融が審査が厳しいというわけではないので、返済能力があると認められれば融資することができます。審査基準の緩い消費者金融では、過去に遅延があった場合でも在籍確認が取れれば審査が通ります。

 

審査のハードルは低ければいいものでもない

ただし、審査の厳しさはキャッシング会社の「信用度」にも関わる大切な部分です。知名度のある大手のキャッシング会社は今まで築き上げてきた信用度があるので、誰でも彼でも審査に通すことはできません。逆に、マイナーなキャッシング会社では積極的に多くの人に貸付を行って売上を上げたいという思いもあります。

 

審査の厳しさは、キャッシング会社の信用度も表していますが、同時に借りる側からすると「安全性」にも置き換えられます。

 

多くの人は信用情報に事故暦(クレジットカードやキャッシングの滞納情報)はないと思いますが、過去に返済が滞ってしまったようなグレーな人(ブラックリストの手前の人)でもすんなりと審査に通るということは、闇金業者である可能性も否定できません。

 

闇金業者から知らずに借りてしまわないよう、初めて名前を聞くような業者の場合は、ネットで利用者の口コミを探してみたり、金融庁のデータベースで貸金業登録をチェックする習慣をつけましょう。

 

お金で身を滅ぼさないよう自衛の為にも、こうした借りる前の情報収集は基本中の基本といえます。

 

審査のハードルは即日融資にも影響する

借りたお金のイメージ

審査が厳しければ、それだけ審査に時間を要することとなるので、即日融資を希望していても当日中の振込みに間に合わない可能性も大いにあります。

 

キャッシング業者は大別すると「銀行系」と「消費者金融」の2つとなりますが、それぞれに特徴があり住み分けをしています。

 

審査が厳しいけど金利の低い銀行系。対して、審査が早いけど金利が高めの消費者金融。という具合に、それぞれのメリット・デメリットが相反する関係となっているので、目的に応じて借入先を検討しないといけません。

 

当日中に融資を受けたいのに、金利だけに目を奪われて審査に時間が掛かってしまう金融業者を選んでしまっては、欲しいときに現金を手にすることはできません。

 

即日お金借りるのであれば、消費者金融に申し込むのが鉄板です。最近は30日は利息がゼロ円という無利息サービスを行っている消費者金融も増えています。

 

表記上は高めの利息であっても、無利息期間を活用すれば返済時の利息負担は思ったよりも少なくて済んだ、というケースはよくあります。

 

もちろん、100万円単位での高額を借入する場合には数パーセントの利息の違いは大きなものですが、数万円程度の借入であれば無利息で即日キャッシングができる消費者金融のほうが利便性は高いといえます。

 

何も悪いことをしていないのに審査に落ちる不思議

審査に落ちるイメージ

ごくまれに、クレジットカードを1枚も持ったことが無く、今まで現金払い主義だった、という人がいます。そういった人は信用情報機関に何の記録もされていない場合があります。

 

一般的には、クレジットカードの利用履歴や携帯電話の分割購入などローンの契約・支払い情報が信用情報に記載されています。しかし、全く情報が無い人の場合は、今まで何の返済トラブルや支払いトラブルを起こしてこなかったとしても審査に落ちてしまうことがあります。

 

クリーンな人だから借りられそうじゃないの?と思われるかもしれませんが、クリーン過ぎるのも度が超えてしまうと逆に怪しい対象と見られてしまいます。

 

ごく普通の日常生活を送ってきた人であれば、クレジットカードの1枚ぐらいは持っていて普通ですし、何かしらのローンを組む事だって普通です。そうした普通じゃない人(=信用情報が無い人)は、キャッシング会社からすると「この人は、きちんと返済してくれる人なんだろうか?」と疑問に思われてしまうのです。

 

ただしそういった人の場合は、定職についていて返済能力アリと判断されれば、限度額を小額に設定されて審査に通る事だって十分にあります。その小額の取引の中でしっかりと返済をしていくことで信用が積み重なり、その人の収入に見合った借り入れ枠まで引き上げられます。

 

実績=信用=限度額の図式

限度額が500万円という高額設定の銀行系のキャッシングもありますが、この限度額は借りる人によって差があります。

 

タイトルの通り、新規の人と利用実績のある人とでは、キャッシング会社においての信用度が違います。つまり、きちんと返済してきた実績のある人は限度額が高く設定され、逆に新規の人は限度額を低めに設定されることが普通です。

 

また、初めての申し込みの際に50万円以上の融資を希望すると、返済能力を証明する為の書類の提出が求められるケースが多いです。会社員の方は源泉徴収票や直近2〜3か月分の給料明細、自営業の方は確定申告書などです。

 

金融会社からすると無担保でお金を貸すわけなので、「本当にこの人に見合う貸付なのか?」と常に疑問を持ちながら、申込者を選別しています。

 

だからこそ、返済実績のある人にはその人の年収に見合った限度額を設定し、実績をこれから作る人に対しては、「まずは小額から初めて返済実績を積んでね」という思惑を加味した限度額となる仕組みです。

 

その他、会社の規模や勤続年数によって限度額は調整されます

 

自分の信用情報は開示してもらえる

キャッシングの審査結果を左右する「信用情報」は、本人であれば開示請求ができます。1回あたり1000円前後で郵送してもらうこともできますし、直接信用情報機関から開示してもらうこともできます。

 

指定信用情報機関のCIC、日本信用情報機構のJICCなどが代表的ですが、どの信用情報機関の情報を閲覧するのかは業種によって異なります。

 

消費者金融などの貸金業、銀行、信販系会社などによって自社で登録している情報機関が異なる場合もあるので、自分が今後関係してくるであろう機関先を選んでください。各ホームページに情報開示の方法は記載されているので参考にして下さい。